Recent Posts by Haruko Hiura

【日記】ドイツ語B2.2の授業、こんな感じ。

By 土曜日, 5月 25, 2019 Permalink

ドイツ語レベル(A1とかB2とか)については前回の日記に説明しています。 →【日記】ドイツ語B2コース、ただいま大苦戦中。 B2が始まる前は、B2をマスターすれば大学受験資格を得られるなんて、全然信じられなかった。服屋や薬局での店員さんとの会話もたどたどしいくらいなのに、、、 (さらに…)

【日記】ドイツ語B2コース、劣等生の1ヶ月が終わる。

By 月曜日, 5月 20, 2019 Permalink

ドイツ語のB2コースに大苦戦してる日記を書いたのが今月初旬。 →【日記】ドイツ語B2コース、ただいま大苦戦中。 A1から集中コースに通ってはいたものの、ろくに自習・復習をしてなかったしわ寄せが黒船さながらに来航して、一時は本当に焦った。 (さらに…)

iPad proを使い始めて2ヶ月。PCもスマホもあるけどiPad最強。

By 木曜日, 5月 16, 2019 Permalink

3月にシンガポールに行った時、ここぞとばかりにiPadを購入しました。 ドイツは税金が高いから…!( 生鮮食品とかの生活必需品以外は19%の消費税がかかります) ほんとはもっと前からiPad買いたかったけど、免税のために3月まで待ちました笑 待ったかいがあった!iPad、本当に買ってよかったというか、もはや生活の一部になってます。 (さらに…)

N26のカードの使い方。デビットカードとしてお店での支払いも簡単にできるよ

By 日曜日, 5月 12, 2019 Permalink

ドイツの先進的なネットバンク、N26。 ネットから簡単に口座を開けるということで、口座つくったはいいものの、つい最近までほとんど使っていませんでした。 ずっとクレジットカードを使ってたけど、ドイツのお店では少額でもクレカ利用の際はPINコードの入力を求められます。ドイツだとデビットカードが主流だから、その辺進んでないのかな? (さらに…)

【日記】ドイツ語B2コース、ただいま大苦戦中。

By 土曜日, 5月 4, 2019 Permalink

昨年夏から半年かけてドイツ語学校に通い、いっちばん初級のA1からB1までのコースを受けた。 (ヨーロッパでは、外国語学習のレベルをA1→A2→B1→B2→C1→C2という風にレベル分けするのが普通みたい) B2を合格していることが受験資格の大学もあって、 ある言語についてB2までやったよ〜って言えば、そこそこ喋れるのね、っていう目安となるレベル。 そんなB2レベルのドイツ語コースに通い始めて、あっという間に2週間が経った。 やばすぎる 想像以上に やばすぎる 思わず川柳にしてしまうやばさ。 B2は、B1までとは段違いとは聞いてたけど。 私いま、人生で初めて「クラスで一番の劣等生」っていう立ち位置にいる。 (さらに…)

ドイツのdm、ROSSMANNで買ってよかった、イマイチだったコスメ。【その5】

By 木曜日, 4月 25, 2019 Permalink

その1はこちら→ドイツのdm、ROSSMANNで買ってよかった、イマイチだったコスメ。【その1】 ニベア( NIVEA)クレンジングミルク クレンジングに関しては、私は今のところニベアのクレンジングウォーターが大好きで毎朝晩使ってたんですが、朝はメイク落とし機能必要ないなと思って、そのぶん肌に優しいクレンジングにしようとこちらを買ってみました。 (さらに…)

BANDOLIER(バンドリヤー)のiPhoneケースの耐久性は?10ヶ月毎日使い続けました。

By 金曜日, 4月 19, 2019 Permalink

iPhoneをスられてからもう1年。 ドイツに引っ越してきてわずか5日後のことでした。 もう2度と同じ目にあうまいと、ショルダーストラップ付きのiPhoneケースを使い始めました。 BANDOLIER(バンドリヤー)というアメリカのブランドのケースです。 このケースのおかげかドイツで犯罪にあったのはあれっきりで、すっごく気に入ってるので、このたび2つ目のバンドリヤーを購入しました。 (さらに…)

エコノミー席での長時間フライト。私の機内での過ごし方と持ち物。

By 火曜日, 4月 16, 2019 Permalink

エコノミーの長時間フライトってほんと過酷ですよね。 数年前までは海外に行く頻度も少なかったから、飛行機に乗れる非日常のわくわく感がエコノミーのつらさを上回ってたんですが、最近はフライトの機会も増えてきて、正直もうわくわくがなくなってきました、、 大人になるって寂しい。 でも大人になってもビジネスクラスに乗れるほどの身分ではないので、エコノミーの限られたスペースをいかに快適に過ごして、長距離フライトの時間を有効活用するかっていうのは、いっつも考えています。 (さらに…)