ドイツに住む私のスキンケアルーティン【夜編】

By 火曜日, 6月 4, 2019 Permalink

朝編はこちら →ドイツに住む私のスキンケアルーティン【朝編】

クレンジング

マスカラをしてるときは、乳液タイプのクレンジングとパフでマスカラだけ先に落とします。

nivea_augen_makeup_entferner
アイメイク用のクリームクレンジング。ドラッグストアで3ユーロくらいだったかな

顔全体のクレンジングは、クレンジングウォーター。朝のクレンジングウォーターとは違って、保湿力はあまりないけど、しっかりメイクオフしてくれるタイプ。

どちらもドラッグストアで約3.5ユーロ

今は左のタイプを使ってますがどちらも同じようなものです(雑)。

クレンジングウォーター気に入り過ぎて、比較記事も書いてますのでご興味があれば。

パフは大判タイプを使ってます。

ISANAの大判コットン
100%BIOのパフ。35枚入りで1ユーロくらいでした。

そのあと、朝と同じくThe OrdinaryのArgireline Solution 10%というセラムで目元の小じわ対策。

Argireline Solution 10%
The OrdinaryのArgireline Solution 10%。約7ユーロ。

夜は化粧水とか特にしてません。ドイツは化粧水文化があんまりないみたいだからしてないんだけど、した方がいいのかなー?ってここはちょっと考え中。

最後フタしめのクリームとしては、WELEDAのスキンフード。

WELEDA(ヴェレダ)のスキンフード
薬局でもドラッグストアでも買えます。約8ユーロ。

朝はスキンフードライトを使ってて、夜もライトでいいんだけど通常タイプを先に買っちゃってまだ残ってるから使ってる状態。

すっごい濃いクリームだから、夏には向かない。笑

でもこれを使い始めてから、日中の顔の乾燥をほんとに感じなくなったので感謝してます。

と、スキンケアについて書き連ねてきましたが。結局は健康的な食生活と良質な睡眠と適度な運動だよなあ〜〜。

できたあとの皮膚のケアもそりゃ大事だけど、体内で皮膚ができる過程をおろそかにしてはすべてが本末転倒。

「これを塗って寝れば翌朝には肌が見違える!」とか「コラーゲン飲んだら翌朝肌がプルプル!」なんて宣伝文句、いつまで横行してるのかしらね。

皮膚のターンオーバーに何日かかると思ってんねん!

コラーゲン飲んで翌朝肌がプルプルなら、牛肉食べた翌朝は自分の体が牛肉になるんかいな!

オカルトかい。

まあエセ科学かそうでないかって、実際判断難しいところもあるけどさ。賢く、バランスのいいスキンケア方法をこれからもここドイツで探って参りたいとおもいますん。

ドイツのコスメ記事

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください