エコノミー席での長時間フライト。私の機内での過ごし方と持ち物。

By 火曜日, 4月 16, 2019 Permalink

エコノミーの長時間フライトってほんと過酷ですよね。

数年前までは海外に行く頻度も少なかったから、飛行機に乗れる非日常のわくわく感がエコノミーのつらさを上回ってたんですが、最近はフライトの機会も増えてきて、正直もうわくわくがなくなってきました、、

大人になるって寂しい。

でも大人になってもビジネスクラスに乗れるほどの身分ではないので、エコノミーの限られたスペースをいかに快適に過ごして、長距離フライトの時間を有効活用するかっていうのは、いっつも考えています。

最近のスタイルはこんな感じ。

事前にやっておくこと

  • YouTubeで観たい動画をダウンロードしておく
  • Netflix, Huluで観たい映画やドラマをダウンロードしておく
  • YouTube MusicとSpotifyで、聴きたい音楽をダウンロードしておく
  • Kindleで読みたい本をダウンロードしておく
  • 日焼け止めを塗っておく

とりあえず可能な限りのエンタメをダウンロードしておきます。

飛行機で観られる映画だけじゃ見たいやつ少なくてネタ切れになるから。

Kindle以外はどれもPCだとダウンロード機能がないので、スマホかタブレットにダウンロードすることになります。

空港のwifiも使えるけど大抵遅いので、家とか高速wifi環境下でダウンロードしておくのがおすすめ!

機内に持ち込むもの

カタール航空機内

デジタル機器類

  • 色々ダウンロードしておいたスマホやタブレット
  • PC
  • モバイルバッテリー
  • 充電ケーブル
  • ノイズキャンセリングヘッドフォン(アダプタを忘れずに!)

長時間フライトでも乗り継ぎありでも充電の心配をしなくていいように、モバイルバッテリーひとつあるだけで心理的負担が全然違います。

充電の残りが少なくなるにつれ不安定になる精神状態、現代病ですね、、

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、2018年買ってよかったものベスト3に入ります。

これを使ってはじめて、機内がいかに轟音かっていうことを知りました。

これだけの音量の中にずっといたら、そりゃ疲れるわ、と。

アダプタをつければ機内で上映してる映画も高音質で視聴できるので、より映画を楽しめます。

高いけど、、価値ある!!

デジタル機器以外

  • 紙の本を1冊
  • 蒸気でホットアイマスク
  • 目薬
  • ヨックッション
  • ネックサポート
  • フットレスト
  • アイマスク
  • 空のペットボトル
  • 色付きリップとアイライナー
  • その他、パスポートとかハンカチとかの必需品

紙の本は、ディスプレイの見過ぎで目が疲れたときとか、なんか気分変えたいときに1冊持ってると楽しいです。

最近はさくらももこさんのエッセイを入れてます。

コンパクトだしひとつひとつが短い話なので、ちょっとした待ち時間に読んでもいいし、フライトで疲労感が溜まってきた中でも軽く読めてちょうどいい。

私は基本的に映画みたりYouTube動画みたりKindle本を読んだり、目を酷使することばっかりしてるので、途中で目を休ませるようにしてます。

眼精疲労は肩こりにもつながって、長時間フライトが余計つらいものになっちゃうので、ちょっとでも疲労軽減しようかと蒸気でホットアイマスクを利用しています。

お友だちと一緒なら、おすそわけ分も持っていくと喜んでもらえるかも。

機内の乾燥も目には大変よろしくないので、1時間に1回は目薬をさすようにしています。

あと絶対欠かせないのが、座面にセットするヨックッションっていうクッション。

これを使うようになってから、坐骨のいかんともしがたい痛みから解放されました。

飛行機を降りたあとの疲労感も全然違います。

→ヨックッションがあれば長時間フライトも快適さ5割増し。

ネックサポートも必要ですね。

空港とかで売ってるタイプは成人男性も使えるように設計されてて私にはサイズが大きいので、リハビリ用のものを使ってます。

コンパクトだし、サポート感が最高。

フットレストは、私には必要だけど人によるかも。

これを使うと多少体が水平に傾いてラクなんだけど、足の長い人には逆に邪魔になっちゃう気もします。

機内でフットレストを使用

私がいつも使ってるのはこちら。

それから、砂漠並みに乾燥した機内では水分補給が超大事。

最優先事項。

水分足りなくて具合悪くなっちゃう人もいるみたいです。

サービスの良いエアラインでは、どんどんお水を持ってきてくれるところもあるけど、自分のタイミングで飲みたいし、テーブル出して水入りのコップをずっと置いとくのも邪魔。

私は空のペットボトルを持ち込んで、CAさんにそのペットボトルに水を入れてくれるよう頼んでいます。

普通にやってくださいます。(食事後とかCAさんが落ち着いたタイミングで!)

乗り換えのある便だと、乗り換え空港でも荷物検査があって水の持ち込みができないときがあるけど、そういうときも中身の水だけ捨ててペットボトルは確保しておくようにしています。

2019年のゴールデンウィークは最長10日になるそうで。

ここドイツはとにかく祝日の少ない国なので(そのかわり夏休みはしっかりあるしクリスマス休暇も長い)、GWの浮き足立ち感がいまいち掴みかねますが、令和のスタートいい感じ!

まぁみんながみんなGWに休めるわけではないけど、、

旅行にいらっしゃる方は全力で楽しんできてください。^o^

ちなみにドイツはこれからとっても過ごしやすい季節になります。寒すぎず暑すぎず湿気もなく自然豊かで軽井沢のような。

日もどんどん長くなって夜までめいいっぱい遊べるし。

クリスマス時期以外のドイツはそんな超人気スポットでもないですけど、南国以外の異国でリラックスしたい方には意外とおすすめかも〜〜

ベルリン散歩 川沿い
ベルリンの川沿いを散歩
Gleisdreieck park
Gleisdreieck park

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください