「しっかり身につくドイツ語トレーニングブック」はB1までの文法をカバーしてる。

By 木曜日, 4月 11, 2019 Permalink

やっと終わった〜〜。

1年前、ドイツに引っ越してくる前に日本で買ったこの本。

半年間のドイツ語学校の内容が入ってる

私は去年の9月からベルリンのドイツ語学校に通い始めました。

レベルは一番初級のA1.1から。

そこから半年間通い続けて、2月末でB1.2までの授業を受けました。

学校に通う前は独学のモチベーションが低くて、このトレーニングブックは最初の方をちょろっとやっただけ、学校に通い始めてからは宿題で手いっぱいで、この本にはろくに手をつけられてませんでした。

今月後半からまたB2のドイツ語クラスを受け始める予定なので、今のうちに復習しておかねばと、改めてこの本をさらったんですが、A1からB1までに習った文法がきれいにおさまってました。

文法の説明も簡潔で、わかりやすい印象でした。

ドイツ語授業の内容を定着させるために

ドイツ語学校での授業は、すべてドイツ語で行われます。

先生によっては英語で補足する人もいるみたいだけど、うちの先生は英語話せないのでドイツ語オンリーでした。

日本での日本語による英語授業しか受けたことのない私は最初、「ドイツ語分からないからドイツ語習いに来てるのにドイツ語で説明されても、、」と思いましたが、あの手この手で先生が教えてくれるので意外といけました。

それでもやっぱり日本語でズバズバッと説明されてるこの本を読むと、「なんとなくこういう感じかな」って自分の文法の理解度のゆるさに気づかされました。

なんでも日本語と結びつけて覚えることの良し悪しはあるけど、文法はやっぱり日本語で説明されるのが抜群に頭に入りやすい(そりゃそう)。

かと言って、学校に通わずこの本だけで理解が深まるかといえば、そういうものでもないと思うけど。

この本はあくまでトレーニングブックだから。

ほんとは授業と同時並行で、授業で習った文法をこのトレーニングブックで強化するっていうのが理想的ではあるんだろうな〜。

ほんとのほんとは、自分でこの本でざくっと予習しておいて、授業で認識の肉付けして、復習としてこの本の練習問題を解くっていうのが、究極の理想なんだろうな〜〜。

分かっちゃいるが。

人間だもの。

とにかく、これからドイツに来てドイツ語学校に通うなら、日本でこの本を買っておいて間違いはないと私は思います!

あ、Kindle版ならドイツからでも買えます。

私は全然やらないのに、紙の本もKindle版も両方買ってました。

(買う前はやる気なんだよなあ!)

Kindle版はレイアウトが固定されてるので、PCもしくはタブレットの大きい画面で読むのがおすすめです。

今アマゾンで検索して気づいたんですけど、これ中級編もありました、、

さぞかし充実した内容なんでしょうね、ええ。

こんなブログ買いといて中級やらないっていうのはないよなあ、、今度B2のクラスに通い始めるし。

うわ〜気づかなきゃよかった〜〜

って一瞬思ってしまったけど、、

やらなきゃ笑

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください