Googleオフラインマップがパワーアップしてて、海外旅行でも現地でSIMカード買わずにいけた。

By 木曜日, 3月 28, 2019 Permalink

先日、3泊4日でタイの首都バンコクへ家族で旅行に出かけました。

観光プランとか全然立ててなかったし、必要そうなら現地でSIMカード買おうね~って話はしてたんですが、結局ホテルやレストランのWifiだけで乗り切れました。

Googleマップのオフライン機能がアップデートしてた

SIMカードを買わずに済んだのは、いつの間にかGoogleのオフラインマップがさらにパワーアップしてたおかげ。

昨年末(2018年)にポルトガルへ旅行した時はなかったので、おそらくこの3ヶ月の間にアップデートされたのかな?

ネット環境下で検索しておいたルートが保存されて、オフライン状態でも簡単に再度参照できるようになってたんです。

3ヶ月前も同じことはできてましたが、「経路保存してますよー」って表示は出てなかったから、気づかなかった人も多かったはず。

これは嬉しい!!

それと、途中の駅名も全部出るようになりました。オフライン状態で。

これ、ちょっと前まではオフラインでは見られなかった気がするんですよね。おぼろげな記憶ですが。

目的地まであと何駅っていうのがわかるので、土地勘のない場所ではこれめっちゃ心強いです。

あと事前にオフラインマップをダウンロードしておけば、お店検索も少しだけできる状態になってました。

「レストラン」って検索すると近所のレストランにピンを立ててくれます。

レビューの内容はお店の写真は見られないんだけど、店名、レビュー数と点数は分かります。

このあたりは今後のアップデートで強化されそう。

あとこれはネット環境下で可能な機能ですが、時刻表のないタイプのバスの到着予定も見られるようになってました!

前からあったのかな?

これから来るバスがそれぞれあと何分後にくるか順番に並べてくれるから、より正確な情報を得られます。

バンコクのバスも船も

バンコクは電車網がそんなにたくさんなくて、タクシー以外の方法だとバスやら船やら組み合わせる必要があったんですが、今回は母とGoogleオフラインマップを駆使して、なるべくタクシー利用を回避しました。

バンコクは物価が安いのでタクシーも安いですが、やっぱり出来るだけ現地民と同じ移動手段を使ってこその旅行の楽しさってあるし。

事前に経路検索しておけば、船の航路も停留所も全部オフライン状態で表示してくれます。

おかげさまで今回の旅では船に乗りまくりました。

バンコクには度肝を抜かれるくらい古いバスがたくさん走ってましたが、そんな古いバスでもちゃんとGoogleマップの経路検索結果に出てきます。

タイ語表記しかなくて意味不明でしたが。

(電車は英語表記もあるから読みやすかったんだけどな!)

でもオフライン状態でもGPSは機能するので、オフラインマップとGPSを組み合わせたら目的地で降りることができました。

それと乗り合いタクシーにも乗りました。

トラックの荷台が客席になってるタイプのタクシー。

現地民がよく使ってる乗り物で、自分の降りたいところで降りますよポタンを押さないと止まらないシステム。

現地民のように土地勘はなくても、これもオフラインマップとGPSを組み合わせで目的地までたどり着けました。

そんなわけで、事前のオフラインマップダウンロードに、オフライン機能とGPSのおかげで初めてのタイ旅行を満喫できました。

タイ・バンコクのワットパクナム

関連記事

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください