ベルリンのHartnackschuleに半年通った感想とクラスの様子

By 木曜日, 3月 14, 2019 Permalink 0

前回、Hartnackschule(ハートナックシューレ)のシステムや先生について書いたので、今回は個人的な感想とクラスはこんな感じだったよーっていうことを書きます。

前回の記事はこちら
→ドイツ・ベルリンのドイツ語学校、Hartnackschule(ハートナックシューレ)に半年通ったけど安いしおすすめ

hartnackschule buch b1

とにかく国際的なクラスメイト

勝手なイメージで日本人もそこそこいるかと思ったんですが、半年間で出会った日本人は1人だけでした…。

日本人が多すぎて日本語に頼っちゃうのも考えものなので、ドイツ語学習する環境としては逆によかったけれど。

ベルリンはトルコ移民がとても多く、あとはベトナム人や韓国人も多いのでクラスメイトもその辺りに偏りが出るのかなと予想してたんですが、そんなこともなく、ほんとに皆バラバラでした。

スイス、フランス、トルコ、韓国、中国、ギニア、アメリカ、オーストラリア、イスラエル、マケドニア、キルギス、チリ、レバノン、セルビア、ベトナム、タイ、ロシア、コロンビア、エジプト、パナマ…

半年間の中でメンバーはどんどん入れ替わっていったから、思い出せる限りばーっとリストアップしてもこんな感じ。

ただこれだけ国が違っても意外と共通言語ってあるんだなーって思い知ったのが、

休憩時間になると、スペイン語グループとかロシア語グループとかがゆるーく形成されてました。

例えばイスラエル人とキルギス人とセルビア人、母国語はそれぞれ違うけどロシア語も話せるから、ロシア語で笑い合ってたりとか。

私はその他グループである英語グループでよく雑談をしていました。

日本語は日本人以外話せないから…

もちろん日本の学校にありがちな強固なグループ感はないし、ほとんどの人が英語を話せるので(スペイン語・ロシア語グループでも)、ごちゃまぜで話すときは英語がメインでした。

クラスのレベルがB1に上がるとドイツ語での雑談にも挑戦してましたが、まだまだドイツ語は難しくて、ジャスチャーゲームとか言葉あてゲームにみたいになってたりも…笑

あと素敵だなと思ったのが、みんなお互いの育ってきた文化や習慣を尊重して、失礼にならないよういい意味で気を遣いながらコミュニケーションしてたこと。

みんな外国からドイツに来てドイツ語を学んでいる立場というのは同じだからか、別の国の人をバカにしたり差別したりする人は、私が学校で出会った中には1人もいませんでした。

日本にいた頃は交友関係のほとんどが日本人だった私が、こんなに色んな国の人たちと接して同じ話題で笑い合えるなんて、ちょっと前の自分では想像もつきませんでした。

集中学習コースに半年通った感想

集中学習コースに通って思ったのは、学校に通ってる期間は旅行に行きづらいってこと。

考えてみれば当たり前なんですが、私はそこまで考えずにひょいっと通い始めたので、開始してから

「あれ、いつ旅行に行けるんだ?」

てなった。`_`

平日毎日ですからね。

もし学校を休んで旅行するなら、できるだけ早めのタイミングが良いかも。

レベルが上がるにつれて宿題が難しくなってかかる時間も増えるし、どんどん新しい文法を習って復習する量も増えてくるから…!

学校を休んだ日に文法がぐっと進んでると取り残された感が強いし。

授業は1日3時間だけど、ほんとはそれだけじゃ全然足りなくて、家でも予習復習の時間をしっかりとらないと、授業のスピードについていくのは難しいです。

まあ私はろくに復習もせず(授業中は今日こそ復習しよう!って思うんだけど家に帰るとYoutube見ちゃう)、宿題だってやらない日もあって、それでもなんとかB1まではクラスメイトからは大きく遅れることもなく(たぶん…)通えたので、自分次第ですけど。

やっぱり数ヶ月後の大学入学を目指してしっかり予習復習をしてる友だちは私よりずっと話せるようになってました。

あと、私は半年間ぶっ通しで通いましたが、途中で1ヶ月とか数ヶ月とか間を明けて、その間に一時帰国する人も結構いました。

ただこれはちょっともったいないかも。

一時帰国中もドイツ語勉強を続けられればいいですけど、大抵の場合はおろそかになるので。

間を開けずに授業を受け続けるのが絶対いい!ほんとに皆忘れるから。

と担任の先生も言っていました。

なので、その辺りも考慮しつつ学校に通う時期を計画したら良いかと!

かくいう私も今B1からB2の間で2ヶ月近くの休みをとってるんですが。

復習のためのiPadは買ったんですけどね。

まだ復習できてません。

ほんとに忘れないうちに早くやらないとー!!

Hartnackschuleもとっても良かったんですけどちょっと家から遠めなので、B2からはもう少し家に近い別の学校に通う予定です。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください