ドイツのおすすめ湯たんぽFashy(ファシー)がおしゃれで機能的!

By 日曜日, 12月 2, 2018 Permalink 0

日本にいた時から使ってたファシーの湯たんぽ。

これ、ドイツ製だったんですね。

ドイツはもう真冬の東京並みの寒さなので、最近では毎日使ってます。

メリットだらけの湯たんぽ

ファシーの湯たんぽ、最初に知ったのはカーサブルータスか何かの雑誌のおしゃれ雑貨特集でした。

ググったら日本のアマゾンにも売ってたから買って重宝してたんです。

デザインは洗練されてるし、機能性も抜群。

ファシーは分厚いゴム製なので、ひざや足の指の上に乗せても痛くないし、いい感じに変形して覆ってくれます。

カバー付きタイプとカバーなしタイプがあるけど、私はビジュアル優先でカバーなしタイプを使ってます。

ファシーを使うまでは無印の半透明のポリエチレン湯たんぽを使ってたんですが、お世辞にもおしゃれとは言えない素材感だし、何よりファシーのように柔軟性がないから使い方が限られるんですよね。

ドラッグストアで買えます

ファシーの湯たんぽは、DmやROSSMANNでは大抵売ってて、ドイツのアマゾンにも売ってます。

価格はアマゾンだとカバー付きで10ユーロで売ってます。

アマゾン→Fashy Wärmflasche mit Vliesbezug 2 Liter Fashy

ドラッグストアの方がもうちょっと安かったし(確か7ユーロしないくらい)、カバーなしタイプも売ってました。

 

デザインが洗練されてるからって値段が高くないのがいいですよね。それが当たり前っていう。

ていうかもはやドイツ人にとってこれが特別おしゃれっていう感覚なさそう。

おしゃれ雑貨特集の中になんでファシーの湯たんぽ?くらいのレベルかも。

知らないけど。

日本のアマゾンではドイツと同額とはいかないけど、2000円ちょっと。

ビビッドカラーも可愛いけど、個人的にはグレーがおすすめ。

使ってなくてそこらへんに置いてる時も、インテリアの一部としてシックにまとめられます。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください