ドイツの水道水、膜が張るし浄水ポットに黒いつぶつぶが溜まるんだけど…

By 日曜日, 11月 25, 2018 Permalink 0

硬水で淹れた紅茶がこんなに香らないなんて、ドイツに引っ越してくるまで知りませんでした。

日本では水道ひねれば当たり前に綺麗な軟水が出てくるから。

硬水は水そのものの味も明らかに違います。なんともいえない雑味というか。

膜が張る水

とはいえ味が違うだけならいいんですけど、沸かすとうっすらと膜が張ってくるんですよ、ドイツの水。

石灰分なのかな?

白湯を飲もうとマグカップを口に近づけた時にはっきりと膜が見えて、おののきました。

恐怖のつぶつぶ

これはやばそうと、飲料用の水はスーパーでペットボトル入りのものをしばらく買ってたんですが、今の家に落ち着いて、大きな冷蔵庫もあるし、ようやくブリタの浄水ポットを購入しました。

(ブリタはドイツのメーカーなのでスーパーとかドラッグストアとかどこでも売ってます)

でも使い始めてからしばらくして、異変に気づいたんです。

フィルター部分に何かが溜まっていることに。

ひー!!

黒いつぶつぶが見える…

目視できるサイズってやばくない?

フィルターって目視では確認できない微小な異物を取り除くイメージだったんだけど。

最初にこれを発見した時は、洗い方がまずかったとか、何かの間違いかと思って急いで洗い直したんですが、何度やっても黒いつぶつぶは溜まるんですよね。

日本で浄水ボトル使ってた時はこんなの見たことなかったけど。

ドイツの水道水は本当に飲めるの?

ドイツの水道水、衛生的には飲んでも問題ないっていう話を聞いてたけど、ほんとなのかな…?

ブリタはこの家に来てから使ってるから、他の家の水道水も同様なのかはわかりません。

 

ちのアパートはアルトバウ(築100年以上の古い建物)だから、水周りが古くてこんなことになってるのか、そもそも水道局から出てる時点でこの状態なのか…

まあさすがにドイツの水道局も有害なものを混入させたままってことはないだろうから、無害のミネラル分とかなのかもしれないけど。

だとしても怖いわ。

目視できるサイズのミネラル分って体で吸収できるの?

この黒いつぶつぶが腎臓に溜まりそう。

 

とか思って、今はもう口に入れるものは全て浄水を使うようにしています。

日本っていちいちハイクオリティなんだなって気付かされます。

すべてのことに感謝星人になりそう。

 

でも逆に考えると、ドイツメーカーのブリタは日本よりだいぶ異物多めの水で鍛えられてるってことだから、これを日本の水道水に適用したらものすごいクリーンな水を飲めるってことなのかもしれない?

ブリタの浄水ポット、地味にいろんな種類あって違いがよく分かんないけど、うちでは最新モデルを使ってます。少しでもクリーンな水を飲みたい…

スマートなデザインが気に入ってます。

日本で買うならこちら。

ドイツのアマゾンはこちら。
→Brita Style Soft Flask, Funnel and Loop Silicone Pot SMMA Cover

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください