WoodWick(ウッドウィック)のパチパチ音が鳴る暖炉キャンドル

By 木曜日, 11月 22, 2018 Permalink 0

青山にあるカメヤマローソクのお店で見かけてからずっと気になってたWood Wickのキャンドル。

ベルリンのデパート(KARSTADT)で発見!

音と見た目でも楽しめるキャンドル


(フタの裏に書かれてる説明)

“Wood Wick”の名前のとおり、このキャンドルには特殊製法の木製の芯が使われていて、燃えるときにパチパチと木のはぜる音がします。

そしてその芯が横に広がっているので(Lサイズのみ)、通常のキャンドルよりもかなり炎が大きくなって、音も見た目もまるで暖炉っていう超画期的なキャンドルです。

手軽に暖炉気分を味あわせてくれて、かつアロマキャンドルの役割も果たす。

天才じゃないですか?

香りの種類

このキャンドルを買ったデパートでは数十種類の香りを置いてました。

凝った香りの組み合わせとかは見当たらなかったけど、フローラル系、フルーツ系、ウッド系など、幅広くひととおりの香りが揃ってました。

私が選んだのは”RED WOOD”。

香水だと似合わないからつけないけど、ウッド系って香り自体は大好きだから部屋で楽もうかなと。

ホワイトティー&ジャスミンも良かったけどなあ。

次に買うならそれにしようかな。

Wood Wickの価格

アメリカのブランドだから、日本でもドイツでも大して値段は変わらないみたい。

日本だとアマゾンでは4000円で売ってました。でも種類はあまり多くないから、欲しい香りがアマゾンにあればラッキーって感じかな。

ドイツのアマゾンはかなり種類豊富。値段は定価より安いものから高いものまで。

ちなみに私の買ったREDWOOD、デパートだと定価で確か34ユーロでしたが、今アマゾンで見たら28ユーロで売ってました。悔しい!

→Ellipsenförmige WoodWick Duftkerze, Redwood Woodwick 

 

今週末、ブラックフライデーなので値下げを期待してまたKARSTADTに行ってみようかなー!

もうここ数日でベルリンの気温は完全に東京の真冬並みになって、日照時間もどんどん短くなってるから、こういうアイテムで心を潤さないとやってらないわ。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください