ドイツでほんのり色づくリップを買うならLabello(ラベロ)

By 金曜日, 10月 26, 2018 Permalink 0

このあいだの一時帰国で日本のコスメを買い出しに行った時、大抵どこのお店もオペラのリップおしだったから買ってみました。

でも残念ながらこれ、私には合わないようで唇の皮がむけてしまう。

CHANELのグロスもダメだったんだよな〜。もう完全敗北。ピーリングかなってくらい。

サンローランやロレアルのグロスは大丈夫だったから、そこまで特別皮膚が弱いってわけでもないんだけど。

仕方がないからドイツで別のリップを探すことにしました。

オペラ、人気なだけあって発色・ツヤ感・塗りやすさ・ぜんぶバッチリだったんだけどなー!使いたかった!!

 

ひとまずDmのコスメコーナーを物色。でもオペラみたいに透け感のあるグロスが見当たらなくて。発色に謙虚さが足りないっていうか。

私はしっかりメイクをすると、古くさ〜いけば〜い顔になるタイプなので、こっちで売ってるリップのほとんどが似合わない。

どうしたものかと店内をうろうろしてる時に目に入ったのが、色付きのリップクリーム。

色付きリップ…中学生以来かな笑

でもこの選択肢の中では色付きリップがオペラに近い気配。

チェリーとブラックベリー、2色あったので両方買ってみました。

Labello(ラベロ)というドイツのメーカー。ヨーロッパではメジャーなメーカーのようで、よく見かけます。DmやROSSMANNでは必ず売ってるレベル。

帰宅して早速試してみたところ、ビンゴ。これよこれ!謙虚な発色と程よいしっとり感。

あくまでリップクリームだからオペラのようにツヤツヤ感はないけど、それはもう別にどっちでもよくなりました。主張しすぎず顔色をよく見せてくれれば!

ひとつ1.5ユーロくらいだったかな。オペラの1/10くらい笑

チェリーの方がナチュラルで、ブラックベリーはしっかりめの発色。

朝起きてすぐのすっぴんでも、チェリーをささっと塗るだけで元気な顔になれるので、最近では朝はチェリー、お出かけ前にブラックベリー、って感じで使ってます。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください