ドイツで一足お先にYouTube Musicを試してみた。

By 月曜日, 9月 3, 2018 Permalink 0

YouTube Music、日本だとそろそろ公開との噂ですが、ここドイツでは一足早くすでに公開されています。

日本にいたときも、実家を出てからはテレビのない生活を送っていて、そのかわりにYouTubeをよく観るようになっていた私にとって、待望のサービス!

現状、音楽ストリーミングサービスはSpotifyを利用していますが、YouTube Musicがいい感じなら乗り換えたいなくらいの期待感がありました。

で、実際使い始めて今1ヶ月半ほどが経ったところなのですが、その使用感、単刀直入に言うと、

 

超いまいちです。

がーん。

 

現状ね、現状。あくまで。

YouTube Musicの使用感

まず、Podcastはないです。

Podcast用の別のアプリ入れればいいんだろうけど、Spotifyにはあるからな〜っていう。

いや別にこれは大したことないけどさ。

 

次に、歌詞が出ないです。

これもSpotifyにはあるんですよね〜。

私は英語の勉強の一環で、このSpotifyの歌詞機能を結構使ってるので、これまた残念。

 

次。PCのデスクトップアプリはないです。

これも開発中なのかな?仕事中はPCから音楽を流すことも多いので、まぁブラウザでもいいんだけどできればデスクトップアプリがいいな〜って。

 

次。本題の曲揃え。

これは人によると思うけれど、個人的にはやっぱりSpotifyより弱い。

今時の有名な洋楽やクラシック音楽はSpotify並みにカバーされてるのかなーって印象だけれど、私の大好きなディズニーのオフィシャルアルバムが少ないです。

ジブリもない。

これはまだ日本対応してないから仕方ないっちゃないんだけれど。

もちろんジブリ以外の日本の曲も未対応です。

 

あと、Spotifyのように気の利いたカテゴリ一覧もないんですよねー。

これ結構私的にはクリティカル。

私はそんなにたくさんの歌手を知らないので、いい感じにカテゴリ分けて一覧で見せてくれるのすごく便利に使ってるんですよね。

 

ちなみに、先月にオランダ・ベルギー・チェコへ旅行でいきましたが、これらの国々ではまだサービス展開していないようで、使えませんでした。

YouTubeの有料プラン

というわけで、Spotifyと比較してしまうと、音楽ストリーミングサービスとしてのYouTube Musicの良さは今のところ見つけられない…という感じかな。

ですが、YouTubeの有料プランとしては普通に超いいです。

まず、動画をダウンロードできる。

先日の旅行でも移動時に活用しました。

 

スマホでバックグラウンド再生もできる。

1年前くらいから?なんでバックグラウンド再生できなくなっちゃったんだろーって思ってたけど、有料機能にするためだったんですね。

 

もちろん広告出ないのも快適だし。

今後に期待

音楽ストリーミングサービスって、つくるの大変なんでしょうね。

天下のGoogleとはいえ、最初からSpotify越えって訳にはいかないんでしょう。

 

でもこういうのって気づいたら形勢がひっくり返ってるものですからね。

そのうち、あれ、Youtube Musicだけでいけるじゃん、って瞬間がくる、かも。

そうやってカレンダーアプリも電車乗り換えアプリも翻訳アプリもGoogleが取って代わってきましたからね(私の中で)。

Googleの得意技ですよ。

Instagram然り後発サービスは先発のいいとこ取りですから。

 

今月末に日本へ一時帰国するので、それまでに日本でもYouTube Musicが公開されてたらいいなー!

ジブリあるかな?

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください