ダルマイヤーのコーヒー、プロドモ・マイルド・クラシックの3種飲み比べ

By 火曜日, 7月 31, 2018 Permalink 0

日本でも名前だけなんとなーく聞いたことのあったダルマイヤー。

ドイツのブランドだったんですね。

バイエルン王室やドイツ帝国皇帝の御用達だったブランドで、デリカテッセンが起源だそう。

イギリスのフォートナム&メイソンみたい。

日本だと主にデパ地下で買えるようですが、ドイツだとそこらへんのスーパーで普通に買えます。

定価は6ユーロ(約800円)ほどですが、ちょくちょく割引して3.5ユーロくらいになってるので、私はいつもそのタイミングで買ってます!

飲み比べ

家に3色揃ったので、飲み比べをしてみました。

左から、緑色のクラシック、一番オーソドックスな紺色のプロドモ(外側捨てちゃいましたが)、水色のマイルドです。

久しぶりに官能評価でもしてる気分。大学では食物学を専攻してたので、こういうのをよくやってました。

 

まず水色のマイルドから。

フルーティな酸味があって、軽やかな風味。

対して緑色のクラシックは、ローストした良い香りはするけれど苦味はさほど強くなく、酸味も感じられません。

そして紺色のプロドモ。

酸味はマイルドよりも弱め、苦味はクラシックよりもしっかりしていました。

でも総合的にどれもそんなに苦くなくて、お上品な印象。

スタバのコーヒーの方がもっとガツンと苦い気がします。

私はコーヒーの酸味はあまり得意ではないので、一番飲みやすいと感じたクラシックが好みでした。

お土産にもぴったり

この3種はスーパーにも売ってるベーシックなシリーズですが、デパートに行くと、他のシリーズも売っています。

日本には流通していない商品もあるので、先日の一時帰国の際にお土産として買いました。

ドイツ語ですが、商品一覧はこちらです。
Dallmayr Kaffee – Vollendet veredelte Spitzenqualität.

あとダルマイヤーは紅茶も評判が良いようで。

私自身はドイツに来てからハーブティーばっかり飲んでるので紅茶は試してませんが、気品あるパッケージデザインがとってもおしゃれでした。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください