九鬼 太白胡麻油でらくらくお菓子づくり

By 水曜日, 3月 22, 2017 Permalink 0

ずいぶん前に、パレドオールの三枝シェフが抹茶のボンボンショコラを開発するのに密着したテレビ番組を見たことがありまして。ソロモン流だったかな。

その時に「この油は香りにクセがないから抹茶の香りを邪魔しない」って生クリームやバターの代わりに白いごま油を使用していて、

そんなごま油があるんだな〜って勉強になった覚えがあるんですが、

ちょっと前にそのことを思い出して試しに使ってみたら、

これがまぁ便利で。らくちんで。’o’

ここ最近、太白(たいはく)ごま油ばっかり使ってます。

ちなみにパレドオールは、丸の内の新丸ビルにある美味しいチョコレート屋さん。

海外の新進気鋭のショコラティエみたいな奇抜なタイプじゃなくて、無理なく馴染み深い、でもとびきり美味しいボンボンショコラを売ってる一流ショコラトリーです。

社会人2年目の頃、仕事で東京駅乗り換えをすることが多くて、疲れてああもうダメってときは帰りにパレドオールのアウトレット商品を買って、新丸ビル内のベンチにひとり座ってチョコレートを食べながら、行き交うビジネスパーソンたちを眺めていました。笑

(アウトレット商品、今はもう売らなくなってしまいました…ちょっと仕上げに失敗しちゃったけど味は一緒のお得なやつ)

そんな個人的に思い出深いパレドオールでも使ってる白いごま油。

シフォンケーキを焼いても良し。

バナナマフィンも良し。

オレオマフィンも良し。

抹茶のガトーショコラも良し。

オレオバナナケーキも良し。

こんな感じで、バターが主役じゃないお菓子を作るときは、太白ごま油ばっかり使っています。

ボトルからボウルへどばっと入れれば良いだけっていうのが超絶ラク。

バターはやっぱり、切って測って常温に戻して…ってどうしても手間がかかりがちですからね。

それでもバターにしか出せない香りってあるし、美味しいは正義だからバターに非はないけど!

仕上がりの違いとしては、ごま油は常温で液体の油なので、同じ配合でケーキを作ったとしてもバターよりも軽い仕上がりになります。

バターのようにリッチな風味はないけど、日常的なおやつを作るにはぴったり。

バターより割安だし。

(そういえばバター不足ってもう解消したのかしら?)

あと普段の料理にも、サラダ油がわりに太白ごま油を使っています。

このパッケージデザインがクールな小さめボトルに、

詰め替え用の大きなボトルから移して使用中。

買ってから気づいたけど、詰め替え用の大きいボトルは小さいボトルと違うメーカーだった…

正直オイルの質としては2つの違いはわからないけど、パッケージデザインが好みなので、次は小さいボトルと同じ九鬼っていうメーカーの詰め替え用を買う予定です。

缶もカッコいい!プロっぽい感じがする。^o^

油の種類や扱い方が健康にもたらす影響については、玉石混交の情報がネットにも本屋にも溢れかえっていて、何が本当かわかったもんじゃないけど、

私もなんとなくサラダ油をなるべく控えとこうかなと思っております…なんとなく…。

「○○オイルは絶対ダメ!」みたいな煽りの激しいタイトルの本とかネット記事じゃなくて、正しい知識を身に付けたいところですね。

この本は良さそう。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です