中古のルンバ537を我が家に導入して2ヶ月。

By 土曜日, 2月 25, 2017 Permalink 0

やりたいこともやらなきゃいけないこともたくさんあるけど、結局いつも時間切れで1日が終わっちゃうなー。

というわけで、我が家にもルンバを導入してみました。

ルンバ導入はコスパ的に見合うのか?

実家では数年前からルンバを使っていて、そのありがたみはすでに十分存じ上げていたんですが、実家は二階建ての一軒家。

私が今住んでるのはそれよりも面積が小さいマンションの一室。

それでもコスパ的に見合うのか?っていうのが悩みどころでした。

ルンバ高いし。

下位モデルでも高いし。

かかるお金 vs 浮く時間

どっちも譲りたくない!

ので、間をとって中古かつ下位モデルの「ルンバ537」を買うことにしました。

ルンバって黒のイメージだったけど、下位は白もあるんですね。

見た目良い感じ。^o^

実家にいた頃は、中古品を買う習慣ってほぼなかったけど、実家を出てからは選択肢のひとつとしてアリだなって思うようになりました。なにせ合理的。

このルンバ、外側は綺麗だからそんなひどい家で使われていたようには見えないし、できる限り洗浄してから使えばいいやって。

曖昧な清潔観念より、手に入る時間!

外せるパーツはオキシクリーンでつけおき洗いして、

液体に浸けられない箇所は、このカッコいい消毒スプレーでふきふきしました。

実際に使ってみて

正直、最初の印象は、

あれ?ルンバってこんなアホっぽかったっけ?

なんか挙動不審…?下位モデルだから?この買い物失敗だったかな…?

 ̄□ ̄;

でも使い始めてからちょっと経った時にふと、スリッパの裏側がほとんど汚れなくなった事に気づきました。

引越し直後でまだルンバを買ってなかった時は、荷物整理で忙しくて床掃除がおろそかになってて、スリッパが汚れがちだったんですよね…

そういえば筋トレで床に這いつくばる時も、ホコリが全然見えなくなったし。

いい仕事してくれてるみたい。^o^

充電中のルンバさん。

ほんとは左右に空間をあけなきゃいけないけど邪魔なので端っこに寄せちゃってます。

下位だし中古だし伸るか反るかと思ってたけど、結果としては非常に満足度の高いお買い物となりました。

動きがアホっぽいのは多分、ジグザグ模様のカーペットが原因のようです。

観察してると、ジグとザグの山と谷?に反応してるみたいなので。

カーペットに規則正しい足跡を残していた実家のルンバとは、明らかに動きが違うんですよね。

上位機種だからなのか、カーペットが無地だからなのかはわかりませんが。

よくこのジグザグカーペットの上で止まってるから、再起動してあげなきゃいけないのが少し手間といえば手間だけど、

ジグザグ柄は譲れないので仕方ないと割り切ってます。

結果的にはカーペットもちゃんと掃除してくれてるみたいだし。

混乱させてごめんよ。

短縮できた時間

普通の掃除機を使ってた時は、だいたい1回で15分くらい時間がかかってて、

しかも手動がゆえに面倒でサボり気味だったからいざ掃除すると汚さが気になって、掃除機だけじゃなくて拭き掃除までして、結局トータルで30分とかでした。

それが今では3分。

もちろん起動するだけならポチッと1秒だけど、椅子を上げたり床に置いてる鏡を移動させたりしてるので。

廊下とか荷物のない場所なら、持って行ってスタートボタン押すだけだから、10秒で済みます。

うちの真上の部屋の人は毎朝手動の掃除機をかけてますが(えらすぎるでしょ…)、ほんとルンバを押し売りしてあげたいです。

床に置いている物はどうするんだ問題

これはね、やっぱり置かないのがいちばん手っ取り早いと思います。正直ルンバ537のセンサーはそんなに賢くない。

それかくぐらせるか。

pinterestとかInstagramで海外のおしゃれな部屋の写真を見ると、額縁入りのアートを壁に立てかけて床に直置きしたりしてたりしますが、

うちのルンバであれをやったら額縁に突っ込んでバターン!でしょう。

その辺りの機能は、ルンバよりもコーボルトっていうドイツのロボット掃除機の方が優れてるって話も聞くので、

もしこれからやっぱり床に物を置きたくなったり、今のルンバじゃ満足できなくなったりしたら、コーボルトも検討しようと思っています。

その頃にはもうちょっと野暮ったくなくなってると良いんだけど。^o^

ちなみにうちで使ってるルンバ537の新品は5万ちょいで売ってました。

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です