2度目のロンドン旅行記(6)-tktsでお得にミュージカル!

By 日曜日, 2月 12, 2017 Permalink 0

今回のロンドン旅行で絶対行きたかったのが、ミュージカル鑑賞。

前回のロンドン旅行ではタイミングが合わず観劇できなくて。

旅番組でしか見たことがないような、赤いビロードとか金銀細工とかがびっしりなあの豪華絢爛な劇場、一度は行ってみたかった!

tktsなら3割引5割引

事前にチケットの注文方法をググったところ、どうやらtktsというところでお安くなったチケットが手に入るらしい。

公演日直前になったチケットを安く売ってるところで、そのぶん何日も前から予約することはできないのと、

ネット販売はしてないので現地のtktsのお店に行く必要があるけど、

公式サイトで販売中のチケットの確認はできるんだそうで。

今回は私のお財布の都合でなるべく低予算で抑えたい旅だったのと、特に演目にこだわりはなかったので、

事前予約せず現地のtktsに行ってチケットを購入しました。

当初の予定では日曜の夜にミュージカルに行く予定でしたが、実際前日にサイトをチェックしたら、

日曜より月曜の方が有名な演目がたくさんあったので、月曜の夜に行くことにしました。

ただ日曜にもtktsブースの近くに行ったので、チケットだけは日曜のうちに買っておきました。

ブースに着いたら、

「どの演目?」

「何人?」

「その演目なら一番安いチケットは29ポンドよ」

みたいな感じでやりとりして、並ぶことなくサクッと買えました。

tktsの営業時間は要チェック。特に日曜は短かったです)

私たちが買ったのは、オペラ座の怪人

劇団四季の日本語バージョンは観たことがあるけど、本場で観られる日が来るとは!

tktsのチケットブースからほど近い、Her Majesty’s Theatreという劇場での公演とのこと。

ハーマジェスティー!なんか凄そう!

俄然期待に胸が膨らみました。

開演の何分前に入る?

でも実際行くとなってちょっと不安になったのが、開演何分前に行けば良いのかってこと。

日本と同じ感覚で良いのか、そうではないのか??

ググっても、「通路から遠い席ならなるべく早めに行った方がいい」とかあなたそりゃそうでしょ的な答えしか得られず

結局、日本と同じ感覚で開演の45分くらい前に行ったら、いい感じに劇場前に人が集まっていたので、

近くのおみやげ屋さんで水を買ったりして開演の30分前に劇場に入りました。

他の人たちもだいたいそれくらいの時間にきてたみたいです。

たくさんの人たちと一緒に劇場の端に設けられた細い階段をぞろぞろと上がって、2階にある自分たちの席へ向かいました。

ミュージカル鑑賞をする時の服装

ドレスコードについては、スマートカジュアル、要は

小綺麗であればさほどかしこまった格好をする必要はない

っていう事前知識をもとに、一応ワンピースとカーディガンで行きました。(他の日はセーターとパンツとかでした)

ただ日中の街歩きのために足元は真っ黒いスニーカーで、それがいけるラインなのか少し気がかりだったんですが、

実際行ったら、私の足元なんて誰も見ちゃいなかったです。

そもそも2階席だからなのか分からないけれどクロークとかもなく(探せばあったのか?)、

みんな座席まで自分のコートを持って行ってたので、ろくにワンピースを披露する場面すらなく。

ジーパン履いてる男性も普通にいました。

かと思えば隣にはいかにもおめかししてきましたって感じのワンピースを着た東欧系っぽいギャル2人が開演直前までひたすら自撮りしてたり。

少なくともハーマジェスティーシアターの2,3階席においては、服装結構なんでもありでした。

1階席だともうちょっとフォーマルな雰囲気になるのかな?

2,3階席は服装だけじゃなくて、観劇する態度も皆さんかなりラフで、まさにいま怪人が高らかに歌い上げてるって時に、

おしゃべりして係員に注意されてる人がいたり、スマホ見てて注意されてる人がいたり、堂々と居眠りする人がいたり、

授業中か!

って感じでした。

居眠りは私ですが。

時差アタックがやばくて…。

炎と爆竹の特攻でようやく起きた…。

夜のロンドンの治安は?バスか電車か?

他の公演もだいたいそんなものだと思いますが、劇が終わったのが22時すぎくらいで、

そこから滞在したホテル(Novotel London West)までバスでも電車でも30分くらいかかるから、

いかにも弱っちそうな私たち女2人で帰るには、治安的にちょっと不安がありました。

ネットで見る限りはさほど心配はないようだけど、やっぱり見知らぬ土地だし、特にいまヨーロッパは緊張感高まってる時期だし…・

地下鉄よりはバスの方がより安心そうっぽかったので、劇場を出て最寄のバス停まで直行。

が、

待てど暮らせどバスが来ない。

おそらくだけど、その日の午後にトランプ反対のデモが劇場近くの首相官邸前で行われていて、

その影響でバスのダイヤが乱れていたみたいです。

(私たちも劇場に向かう途中ちょうどそのデモを目の当たりにしていたんですが、官邸前の大通りは完全に封鎖されていたレベルの規模でした。後からニュースで確認したら、参加者150万人だったとか)

ロンドンの冬は東京の冬と同じくらいの気温とは言ってもさすがに夜は冷え込むし、

30分近く待って、やっぱり地下鉄で帰ることにしました。

結局ホテル最寄りのハマースミス駅に着いたのは、23時を回った頃。

でも、私たちの乗ったピカデリーラインでは不安を覚えるような場面は1ミリもありませんでした。

ほんと東京の夜の地下鉄とまったく変わらない感覚で、

むしろ同じ時間帯で比べたら東京の方が酒臭い人多いんじゃないかっ思ったてくらい。

もちろんこういうのは用心に越したことはないし、路線やエリアによっても違ってくるでしょうが、

東京だって危ない人が出現する可能性もゼロではない訳だし、東京に比べてロンドンの方が特別に治安がどうのってことはないのかな?という印象でした。

2度目のロンドン旅行記

(1)-HISで安い時期を狙って行ってきました

(2)-ブリティッシュ エアウェイズ787-9の乗り心地(特に室温と湿度)

(3)-Googleマップさえあればツアーガイドはいらない

(4)-モバイルwifiはフォートラベルでレンタルしました

(5)-モバイルバッテリーがあれば安心

(6)-tktsでお得にミュージカル!

(7)-オックスフォードのThe Grand Cafeでアフタヌーンティー

(8)-Harrodsのデパ地下は一見の価値あり

(9)-便利だったスマホアプリ

0 Comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です