牛肉の冷製ナージュと、dマガジンのすすめ。

beaf a la nage

1ヶ月ほど前からdマガジンを使い始めたんですけど、これは契約を継続せざるを得ないわ。

価格破壊もいいところ。

どこの本屋にも置いてあるようなメジャーな雑誌ならほとんど揃っているような印象で、月額400円。

私が雑誌の製作者だったらどんな気持ちになるんだろう…。

ってちょっと怖くなりつつも、圧倒的なコスパを前に喜ぶ自分がいます。

クックパッドレシピと、料理雑誌のレシピ。

私は特に紙の質感にこだわりとかないし、すぐ本棚を占領しがちな紙の雑誌は性に合わないところがあったので、dマガジンを使い始める前から雑誌はKindleで買うようにしていました。

だからもちろん電子書籍に抵抗感などあるはずもなく。

なんかおしゃれな料理のレシピやアイディアが載ってないかな〜って、最近はよくdマガジンを漁っています。

もちろんクックパッドも毎日の料理に欠かせないんだけど、誰でもレシピを上げられるっていう性質上、どうしてもベーシックなものとか、時短レシピとかが目立ってて、凝ったレシピに挑戦しようって気分になりにくいんですよね。

テーマや世界観を絞って編集された雑誌の中だからこそ輝くレシピがあるというか。

今のところは、クックパッドと料理雑誌を使い分けていくのが自分的ベストです。

牛肉の冷製ナージュ

このお料理も、クックパッドで見てもまず作らなかっただろうな〜って思います。

ていうかそもそも、こういう類はレシピを見つけることすら難しいかも。

これはdマガジンの中にある「東京カレンダー」っていう雑誌に載ってたレシピ。

ナージュって何のこっちゃという感じですが、フランス料理の調理法のひとつだそうです。

ナージュは水泳という意味で、魚や甲殻類を茹でてその茹で汁を調理してそのまま提供する料理をア・ラ・ナージュと言います。

引用:Chef repo | 必ず知っておきたいフランス料理の基本!23種のフォンとソース

この雑誌を読むまで、こんな調理法聞いたこともありませんでしたが、勉強になりました。

冷製で、カレー風味のレシピだったので、夏にぴったりな仕上がりでした。

またこんなレシピを見つけていきたいな〜。

dマガジンを使える環境

私はパソコンのブラウザから雑誌を読んでます。

慣れないとちょっと変な感覚かも知れませんが、慣れれば普通です。そりゃそうか。

残念なのは、Kindle端末ではdマガジンが使えないこと。

まぁ、Kindle雑誌と食い合いますからね、当たり前なんですけど。

私は電子雑誌用にKindle fireのいちばん大きいやつ(10インチ)を買っていたので、今このKindleくんの立ち位置が若干あやしい感じになっちゃってます。

iPadだったら大丈夫だそうです。dマガジンアプリから読めるそうです。

あれ、でも今これ書きながら気づいたんですけど、Kindle fireでも、ブラウザから入ればdマガジン読めるのかな?

試してみます。

試したら追記します。

2016/9/24追記

Kindle fireのブラウザから試してみましたが、ダメでした〜。

dマガジンのサイトはもちろん普通に開けるんですが、いざ雑誌を開こうと思うと(雑誌を開くための)Flash的なものがKindleには入ってないっぽくて、読めませんでした。

Kindleでdマガジン読めちゃったら、めっちゃ食い合っちゃいますもんね。とりあえず今はPCから楽しむこことします。

 

 

0 Comments

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です