シンガポールのTWG TEAはモロッカンサハラフレーバーがおすすめ

By 水曜日, 6月 29, 2016 Permalink 0

前回のブログでティーサロンについて書いたTWG TEA。

茶葉もひとつ買ってきたんですが、これがクラクラするくらい良い香りで!

twg_moroccan_sahara_tea_3

“MOROCCAN SAHARA TEA”

イメージとしては、妖艶なアラビアンって感じ。

映画版SATC2でキャリーたちが滞在するアブダビのホテルで飲んでみたい感じ。

パッケージの説明文によるとこういうことらしいです。↓

緑茶と紅茶を織り交ぜた、南モロッコのミステリアスな美しさを閉じ込めた一杯。バラの谷からの華やかな花のアロマが、アーモンドの風味に芳醇な香りを添えます。ほのかに漂うスパイスの香りが、やわらかな甘みを余韻に残します。

南モロッコにはバラの谷があるんでしょうか。

砂漠にバラは咲くの?とか言うだけ野暮ってもんですね。

イマージネーションが大事ってミッキーも言ってるし。

他のフレーバーも香りを確かめてみたけど、これがいちばんユニークかつ今の季節にも合ってて、匂いをかいだ瞬間これに決めました。

TWGなので、もちろんパッケージデザインも最高。

twg_moroccan_sahara_tea_1

砂漠で星空を眺める包帯男…?

意味不明だけど意味不明さが好き!

って思って買ったけど、よく考えたら石油王とかが来てる白いアラブ人の衣装でした。

まぁ、美しければなんでもいいけど。

この筒状の缶のシリーズは10色くらいあって、カラフルで集めたくなっちゃうくらいとっても素敵だけど、次はこのホワイトハウスっていうのを狙ってます。

twg_moroccan_sahara_tea_2

パッケージ的に。

白黒で並べたらさぞカッコいいだろうな〜。

 

0 Comments

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です