オイコスでつくるヨーグルトパフェのレシピ

By 木曜日, 5月 19, 2016 Permalink 0

oikos_yogurt_dessert_1
いわゆるパケ買いをしたオイコス。味も良かったのでヨーグルトパフェにしてみました。

(パケ買いってもう死語かしら。パケ買いとか色ち買いとか、使うことのないまま過ぎゆく流行語よ…。)
 
カリフォルニアのホールフーズマーケットにでも売ってそうなビジュアルが脂肪ゼロっていうコンセプトと合ってて素敵。中身カラですけど。
oikos_yogurt_dessert_2
パフェには加糖のプレーンタイプを使いましたが、パッションフルーツ味も食べました。
oikos_yogurt_passion_fruit
せっかくのパッションフルーツ!なので、こちらはそのまま。
 
フルーツソース付きのタイプは全3種あって、他はストロベリーとブルーベリーなんですけど、超王道のベリー2つがきたあとに、よくぞパッションフルーツというちょい変化球をチョイスしてくれた!
 
赤・青ときて黄色系いくならマンゴーの方が引きが強いのかなって感じのところ、よくぞパッションフルーツを…!
パッションフルーツ味を採用した開発の人と絶対気が合うわ〜。
 
マンゴーも大好きですけど、パッションフルーツの方がもっと好きです。-u-
ベストは、マンゴーにパッションフルーツをとろっとかけて食べるパターンですけれども。
 
プレーンタイプはそのまま食べるよりちょっとばかりおめかしでもさせようかしらと、パフェ風に仕上げました。
 
やっぱりヨーグルトパフェを作る時はブルガリアヨーグルトよりもギリシャヨーグルトの方が合う。-u-
 
ブルガリアヨーグルトにグラノーラをトッピングするのって、なぜかあんまり美味しく感じなくて…。
 
その点オイコスはばっちりでした。☆u<

作り方

今回使ったのは加糖タイプだったのでそのまま使いましたが、無糖の場合は蜂蜜とかお砂糖を混ぜて甘くした方が味のバランスが良くなる!
と思いますー。
 

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です