クリスマスの日のおうちで夜ごはん。

もういっちょ、クリスマスディナー。
24日のドイツ料理で攻めるクリスマスディナー用に作ったツヴィーベルクーヘン(玉ねぎのケーキというかキッシュ?)。お腹の空き具合と相談の上、翌日へと持ち越されたため、25日の夜も引き続きドイツ料理で攻めてみました。

Christmas_Dinner_1
ドイツ料理といえばやっぱりこれということで、ソーセージを添えて。あと、これまた24日用に買っておいたのにすっかり出し忘れていたつけ合わせのザワークラウトも添えて。それから、24日の残りのラウヒクレーメズッペとグラス仕立てのショートケーキも。
Christmas_Dinner_2
この玉ねぎケーキがなかなか美味しい。レシピには「玉ねぎを軽く炒める」と書いてあったんだけれど、なぜかオニオングラタンスープでも作るのかってくらいじっくり飴色に炒めてしまったため、とってもあまーい玉ねぎのケーキに仕上がりました。
当然その分玉ねぎもたくさん入ることになって、φ20cmのキッシュ型に大きな玉ねぎ3つまるまる使いました。これで血液サラサラかしら。
 
悔やまれるのは、ショートケーキ作りと並行してこのツヴィーベルクーヘンを作ったため、ツヴィーベルクーヘンをもっと焼きたいのにショートケーキ用のスポンジ生地がもうできてしまって早くオーブンに入れなければ!という状態になってしまったこと…。T_T
 
結局、スポンジ生地は上手く焼けたけれど、ツヴィーベルクーヘンの外側部分が生焼けな感じになってしまいました。T_T
やっぱり何事も、準備8割・本番2割といいますか、しっかりとした段取りが大事ですね。
Christmas_Dinner_3

作り方

ツヴィーベルクーヘンのレシピ→Cpicon ドイツの玉ねぎケーキ by ダーリンはドイツ人
ラウヒクレーメズッペのレシピ→Cpicon 長ネギた~っぷりスープ☆ドイツ家庭料理 by 世界食べ歩き研究家
 
ショートケーキに使ったスポンジ生地はこちらから。小人になってこのスポンジのおふとんにダイブしたいなってくらい、ふかふかでキメの美しいスポンジが焼けるレシピです。絶対おすすめ。↓

 
それから、赤ワインにはジングルベルの飾り。ワイヤーに小さな鈴を通して、リース状にして黒いリボンをつけたものです。
Christmas_Dinner_5
本当はドアノブに飾る予定で作ったんだけれど、いざ出来上がってみるとドアに飾るには小さすぎてよく分からないという残念な感じになってしまったので、ワインボトルに引っ掛けました…。
ジングルベルリースの作り方→DIY Jingle Bell Wreath!

テーブルウェアと材料

メインのお皿は、先日ZARA HOMEのセールでゲットしたオリエンタルモチーフのお皿。オリエンタルなお皿にドイツ料理とか節操のない感じになっちゃいましたが、食卓が一気に華やかになるこの柄、大変気に入っております。-ω-
Christmas_Dinner_6
 

  • メインの皿:ZARA HOME
  • カトラリー:ZARA HOME
  • スープの器:不明
  • デザートのグラス:seria
  • ワイングラス:seria
  • ランチョンマット:Francfranc

 
お菓子用のタルト型だと浅すぎて見栄えがイマイチなので、やっぱりキッシュ系には深型がよい。-u- ↓

No Comments Yet.

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です