クリスピー生ハムカップに入ったキヌアサラダ

前から一度やってみたかった、クリスピー生ハムカップ。
生ハムをマフィン型の内側に貼り付けて、オーブンでパリッとするまで焼いたものなんだけれど、これにキヌアサラダを詰めてみました。

quinua_in_prosciutto cup_1
生ハム、ちょっとよれっとしちゃった。
マフィン型に貼り付けているうちに生ハムがくにゃくにゃしちゃって、オーブンで加熱している間も油が柔らかくなって更にくにゃくにゃしちゃって…思ったように高さが出ませんでした。T_T
 
生ハムと言ったらスペインだし、キヌアサラダもパエリヤみたいな見た目してるし、だったらという感じでガスパチョを合わせました。細長いショットグラスに入ったやつは、くいっと一気飲み用。
quinua_in_prosciutto cup_3
手前のお皿も、何かしらのデコレーションをしたかったのでガスパチョをソースみたいに飾っちゃいました(生ハムキヌアサラダにソースは必要なかったんんだけれど…邪道…)。
スプーンでソースをぽとっと丸くおとして、スプーンの先を円の真ん中あたりにおいて、そこから適度なスピード感でスッと横に引くとこうなります。
quinua_in_prosciutto cup_5
フレンチレストランとかでよく見かけるパターン。私もフレンチレストランのコックのアルバイトをしていたとき、家で夜な夜なソースを引く練習をしていました。ケチャップとかウスターソースを使って。笑

作り方

quinua_in_prosciutto cup_2
それぞれ、よそさまのレシピで作らせていただきました。どうも毎日ありがとうございます。

 
生ハムは摂氏200度のオーブンで6-8分焼くって書いてあるけれど、うちの弱めのオーブンだと10分焼いてもカリッとはならなかったので、調整が必要なもようです。
そして今改めてこのレシピを読んだら、生ハムを正方形に切るって書いてありました。私、売ってるままの縦長の生ハムをそのまま使ってた!だから生ハムが余っちゃって良い形にならなかったんだ…!
 
ガスパチョは、ニンニク抜きで作っています。学生時代の調理実習でものすごいニンニクの効いたガスパチョを飲んでから、ちょっとしたガスパチョニンニク恐怖症なので…。
それでも濃厚さはあるし十分おいしゅうございます。あと、ガスパチョって飲みなれてなくてちょっと刺激が強いので、隠し味程度にはちみつを入れてまろやかさを出しました。

テーブルウェアと材料

quinua_in_prosciutto cup_4

  • 角皿:NARUMI
  • ショットグラス:不明…
  • グリッシーニを入れているグラス:Seria
  • 葡萄を入れているグラス:Seria
  • 牛乳グラス:ACTUS

 

0 Comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です