レモンとローズマリー風味のマフィン(オリーブオイル使用)

By 土曜日, 7月 11, 2015 Permalink 0

lemon_and_rosemary_muffin_1
先日のジンジャーバニラマドレーヌで、品薄状態のバターの代用品としてピュアオリーブオイルがいけるということが分かったので、今度は違うフレーバーで作ってみました。
 
レモンとローズマリー♪
 
お肉料理の香り付けとしてはポピュラーな組み合わせ。
お菓子だとあんまり見ないフレーバーだけれど、きっと美味しそうな感じがしたので、これに決定。

レシピは、クックパッドでも人気なこちらのものを参考にさせてもらいました。
Cpicon 簡単☆基本のプレーンマフィン by nyonta
 
もともとしっとり仕上がりなレシピだけれど、よりしっとりさせるために、砂糖の20%を蜂蜜に置き換えました。
もちろんオイルはすべてピュアオリーブオイルで代用。
使ったレモンは、参考のクックパッドレシピ量で1/2個分。皮も使うので、無農薬のものを用意。皮をうすくうすーく剥いて白い部分を完全に取り除いたあと、だだだっとみじん切り。
ローズマリーも、茎から葉の部分だけを取り分けて、さくっとみじん切り。大さじ1杯分を使用。
はい!
lemon_and_rosemary_muffin_2
(写真は参考のクックパッドレシピの2倍分)
レモンは汁も絞って入れました。
あと、バニラエクストラクト(バニラビーンズを漬けたウォッカ。写真上)もちょろっと。

爽やかな酸味と風味が効いたマフィンになりました。
 
夏の軽井沢の森で、サイクリングをする日曜日。
 
って感じかな -u-
 
こうやってレモンの皮だのローズマリーだのをみじん切りにしていると、フレンチレストランのコックとしてアルバイトをしていた学生時代を思い出します。
わりと(と言ったら失礼かも…)本格的なレストランで、包丁を使うときの姿勢やソースのかけ方、調理場で使われるフランス語まで教えていただいたお店で、それまで見たことも聞いたこともないような種々のハーブを使っていました。
今でもフレンチやイタリアンのお店でこういったハーブの香りがさっと鼻をかすめると、当時のキッチンの様子が思い浮かんで懐かしい気持ちになります -u-
 
先輩方のレベルが高くて、年齢的にも精神的にも技術的にも未熟だった私にはついていくのが大変で、もう無理だー!って辞めてしまったけれど笑、私の料理やお菓子づくりの世界をぐんと広げてくれた良い経験に、今では心から感謝しています。
 
そういえば、あのときお世話になったシェフは今もあの店にいるのかな?
と思って今ググってみたら、同じ系列だけどその系列のトップのお店、誰もが知るような名店のシェフになっていました。あれま-Σ-
 
私のことは忘れているだろうけれど、いつかシェフのお店に行ってありがとうございましたと言えたらいいな。そのお店だいぶ高価格だから、すぐには行けないけれど-_-
ひとまず今はグリーンファームで育てたハーブで料理の腕を磨くとしよう…(今は、セージ、スイートバジル、シナモンバジルの3種を育成中!)

No Comments Yet.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です